2006年12月31日

FX、各国の経済指標発表時刻におけるスキャルピングトレード

FX、各国の経済指標発表時刻におけるスキャルピングトレード

FXトレードで陥りやすいパターン

 ・ 買ったり、負けたりを繰り返し、確立された勝ちパターンがない。

 ・ 販売ランキング上位のノウハウで取引したのに儲からない。

 ・ 儲かる情報商材をどうやって検証すればよいかわからない。

 ・ 情報商材のノウハウはたくさん購入したが、どれも検証できていない。

 ・ 結局、情報商材を購入しても、検証できないので意味がない。

 ・ FXのノウハウを勉強すること自体が目的化している。

 ・ 情報販売サイトの感謝の声などのやらせが嫌いである。

 ・ 保有しているポジションが気になり、夜が寝られない。

 ・ 保有しているポジションが気になり、昼は仕事に集中できない。

 ・ 含み損を抱えているが損切りの決断がつかない。

 ・ 衝動的に勘を頼りにしたトレードをしてしまう。

 ・ 常に何らかのポジションを張っていないと落ち着かない。

 ・ 自分で決めたルールを破ってしまう。

 ・ テクニカルを分析することに疲れ果ててしまう。

 ・ チャートの読み方やテクニカルの意味がよく分からない。

 ・ いつも自分が取ったポジションとは逆にチャートが動き出す。

 ・ 上昇や下落している通貨のエントリーのタイミングが分からない。

 ・ 儲かると言われていたシステムトレードでも損失を出した。

 ・ 少なくとも自分は儲からなかった。

 ・ FXで稼ぐためにいろいろ努力はしたが、未だ実を結んでいない。

このトレードの特徴とメリット(一部)

 ・ 経済指標発表時刻のレバレッジを利かせたスキャルピングトレードに特化しており、「技術的な裏技」を使った内容である。

 ・ 取引レートの時間差によって確実に儲かるアービトラージが発生したら注文し、すぐに利益確定決済することで、損失リスクがなく安全に利益を得られる。

 ・ アービトラージが発生しなければ、取引をしないため、感情的なトレードにより損失を被ることがない。

 ・ 取引前に利益が発生しているのを確認できるため、投資手法に対する検証コストが必要ない。

 ・ 各国の経済指標はほぼ毎日発表されており、主要通貨国だけでも、月間を通じて数十回発表されているため、取引チャンスが豊富である。

 ・ わずか数秒から数十分程度という短時間で利益確定ができるため、長期間に渡って「含み損」に悩まされることがない。また、政治・テロ・災害といったハプニングに遭    遇することがない。

 ・ 長時間パソコンの画面で相場を見る必要がないため、余計なストレスから開放される。経済指標カレンダーで予定された時刻のみパソコンに向かえばよい。

 ・ 一日に数兆円規模の取引量がある巨大な為替市場でのトレードであるため流動性が良く、限られた個人投資家が同じ方法を使っても、マーケットに影響しない。

続きもご覧下さい

↑↑↑一読の価値は十分にあるかと思います↑↑↑
posted by ACX at 15:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。